総量規制対象外のキャッシング〜審査の緩い融資先

総量規制対象外のキャッシング(他社借入OK)

キャッシング業界での総量規制とは?

総量規制とは「貸金業法」の決まり(法律)の一つです。

 

 

具体的かつ簡単に解説すると、総量規制とは「年収の3分の1を超える融資をしてはいけない」という貸金業法の決まりです。

 

 

キャッシング業者は、この総量規制の決まりを破ってお客に年収の3分の1を超える融資貸付をしてはいけないことになっています。

 

この法律を破るとキャッシング業者は罰則を受けてしまいます。

 

 

 

なぜ、総量規制という法律ができたのかと言いますと、お客の多重債務が社会問題化したのが原因です。

 

キャッシング業者は過去に返済能力も満足に無いお客に過度に貸付をおこない多くの多重債務問題を引き起こしました。

 

 

 

さて、総量規制の法律が制定されてからは、お客はキャッシングで年収の3分の1を超える融資を受けられなくなりました。

 

例えば年収が400万円のお客が消費者金融やキャッシングからお金を借りる場合、彼の年収の3分の1である120万円までしか融資が受けられないという事になります。

 

 

 

この総量規制の法律を見ると、お金を借りたい人から見るといかに面倒でお節介な法律にも思えますよね(笑)

 

 

しかし、全てのローンやキャッシングが総量規制の対象となるわけではありません。

 

 

以下に『総量規制の対象となるローン、キャッシング』と『総量規制対象外となるローン、キャッシング』を並べてみますので参考にしてみて下さい。

総量規制の対象となるローンやキャッシング

ローンやキャッシングにも総量規制の対象になるものと、総量規制対象外になるものがあります。

 

 

総量規制の対象となるローンやキャッシングは以下の通りです

 

 

 

消費者金融のキャッシング

 

 

クレジットカードのキャッシング枠

 

 

その他、信販会社のローンやキャッシング(無担保ローンんど)

 

 

 

総量規制の対象となるキャッシングは実は上記の3つのみに限られます。

 

だから、世の中のローンの大半は実は総量規制対象外であったりします。

 

 

では、次に総量規制対象外のキャッシングやローンを取り上げてみます。

総量規制対象外となるローンやキャッシング

総量規制対象外のキャッシングやローンは身近に数多くあります。

 

あなたも、おそらく利用しているのではないでしょうか?

 

 

マイカーローン

 

 

住宅ローン

 

 

ビジネスローン(事業者ローン)

 

 

不動産担保ローン

 

 

生命保険の契約者貸付ローン

 

 

有価証券担保ローン

 

 

金融取引業者から500万円を超える借入など

 

 

緊急の医療費の借入

 

 

お客に一方的に有利となる借入(おまとめローンなど)

 

 

高額療養費の借入

 

 

以上、総量規制の対象とならないローンやキャッシングは意外に沢山あることに驚きます。

 

 

あなたも上記のローンを利用した経験があるのではないでしょうか?

 

 

住宅ローンやマイカーローンなどは、その典型といえますよね。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ